Vaingloriousになるまで

CHZRaMqUMAAizzp

 

2月の初旬くらいからプレイし始めたVAINGLORYですが、当時は日本人がとても少なく、プレーヤーレベルの差も凄まじくありました。
現在はスキル階層1からのスタートではありましたが、当時は4からのスタート。そして、金・銀・銅の指標もなく1~10の階層のみの括りです。

4からスタートして6のなかなか有能まではさくさくあがった気がします。(勿論現在のほうがあがりは早いです。)
7の注目の新星あたりから相当あがりがきつくなり、現在のTier10メンバーにボコボコにやられながらも這い上がっていたイメージがあります。
さらに、8にあがったものの9が遠い。今までの3倍、いやそれ以上の試合数をこなしました。

そして9に這い上がったのが、4月初旬。丁度日本のローンチイベントがあった時でしょうか。
CHZRaNoUEAIpJ1B

このSSを見ると271勝であがったようですね!
Tier9…..それは地獄のような長さでした。チームで組んでいたらもっと早かったと思いますが、この時点ではほぼソロキューを回していました。
Tier9に上がってから、2連敗したら4-5連勝しないと9に戻れなかったのです。
そして金・銀・銅の細かい居場所が把握できるシステムが実装し、9銀の表示が。やっとTier9の半分まで来たか~そろそろ金だな~^^ワクワク

 

それは間違いだった・・・

CHZR6mqVAAACWAi

 

当時はチームを組んでいなかったという理由もありますが、私個人のプレーヤースキルの低さが特に目立つ時期でした。そしてプレイヤー人口に対しての高Tierプレーヤーが僅か…という理由もあったかと思いますが、上がり下がりがとても激しかった苦しい時代でした。
一流の中の一流 銀のSSは、二度と銅に下がらない!と意気込んだ時のSSなので、再度銅から這い上がったときのSSですね!

CHZR6y7UcAIcUfv

 

 

 

 

 

 

そして、勝数が凄まじい事に。記憶では負けは10%もないでしょう…本当にバグではないのかなと思うくらい長かったです。

CHUZL-dUEAAzK07

そしてTier10のVaingloriousです。これもとてもじゃないけど長かったです。
大体の勝数の予想はついていたので、光が見えた状態での苦行でした。

もう言いたいことは山ほどありますが….ここで使用頻度の高いヒーローBest3を並べてみましょう。(記憶を頼りに。)

1.コシュカ … 言わずもがな私と言えばコシュカと言われてしまう程、使用頻度が高いです。むしろ使えと言われてしまいます。今は大分控えています。
2.ペタル … 過去にペタルを使用すれば負けない!という程の自信があった時がありました。韓国の大手ギルドInvのボスには、私=ペタルというイメージが染み付いていたようです。
3.キャサリン … ペタルを使用する前はキャサリンを常に使用していました。ソロキューのロームではありながらも、相当お金を稼ぎながら戦っていた記憶があります。
といった感じではありますが、皆さんも是非得意ヒーローなどを2~3用意するといいでしょう。勿論役職別で使用出来るヒーローは多いほうがゲーム自体も楽しめるでしょう!
また、チームを組まなくても海外のプレーヤーやギルドと交流を取ることでお誘いを受ける場合もありますので、まずはプレイでしっかりアピールしていきましょう。

ここまで上がる為に一緒にプレイしてくれた日本のプレーヤーや韓国のプレーヤーには感謝です。勿論対戦相手にも。

 

最後に..

現在は人口が多くなりつつあり、特に低階層が増えている為、6~8の階層の変動が多いかと思います。
技術で上がったプレーヤーもいる中、人口が多くなった事で引きつられて上がったプレーヤーも中にはいます。
特に”上に這い上がりたいプレーヤー”は、スキル階層が上がった事に満足せず、常に上を見てプレイしましょう!

 

私もまだ未熟なプレーヤーだと思っており、だらしないプレイも頻繁に出ます。まずそこを叩きなおして、さらに優秀なプレーヤーに成長できるようにつとめたいと思います。
この記事を見てくださった皆さんと対戦できることを楽しみにしております!

書き殴りましたが、ここらへんで締めたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA